コーデュロイパンツキャメルカラーベルテッドコートイタリアセレクトショップ

カプリシャツで魅せる夏の大人リゾートファッション

夏のリゾートファッションならカプリシャツで!

夏にオススメなリゾートスタイル。

大人の余裕を感じさせてくれるリゾートファッションは、シンプルだがどこか色気も感じさせてくれる。

そんなリゾートファッションを一枚で完成させてくれるのがカプリシャツ

今回はそんなカプリシャツで魅せる大人のリゾートファッションコーデをまとめてみました。

カプリシャツってどんなシャツ?

青の洞窟で有名なイタリア南部のカプリ島からその名が付けられたカプリシャツ。

カプリ島のようなリゾート地に似合うシャツという意味でプルオーバーの半袖シャツをそう呼び始めたらしく、どうやら日本独特の呼称のようです。

のような由来からその名が付けられたそうです。

カプリシャツは主にリネンなどのさらっとした夏素材で作られてるのが多く、カラーもホワイトやブルーといったリゾートを連想される色合いが多いです。

デザインはプルオーバーで襟付き、胸元の開襟部分にはボタンが付いてないものもあり、長袖半袖、七分袖があります。

カプリシャツに合わせるパンツは?

そんなカプリシャツですがコーデにパンツは何を合わせればかっこよく見えるのでしょうか?

王道はハーフパンツ。

夏を連想させるハーフパンツはカプリシャツと好相性。

足元も涼しげなビーチサンダルやエスパドリーユを合わせればさらにリゾート感が増します。

そして夏の白パンとも好相性。

ライトブルーのカプリシャツなら爽やかなリゾートスタイルになります。

リネン素材で作られてるカプリシャツに同じ素材のパンツを合わせれば、こなれた大人のリゾートファッションに。

カプリシャツは無地でシンプルなデザインが多いのでパンツを選ばない。

夏のコーデには取り入れやすいと思います。

そしてリゾートファッションのみじゃなく・・・

バッグと足元をシティーユースに変えれば、御方のように夏のクールビズファッションにも取り入れる事もできます。

上級者はカプリシャツ+α

ニットの腰巻やボーダーのトートバッグなど随所に拘りを感じさせてくれる上級者リゾートファッション。

小物の組み合わせは参考になります。

今年おすすめな夏小物の一つでもあるちびスカーフを合わせれば高級感もあり、一歩抜きん出たリゾートスタイルへと。

エスニックな柄のニットは大人の余裕を感じさせてくれます。

リゾート地での夜遊びには丁度良いのではないでしょうか。

そして組み合わせの王道がカプリシャツ+パナマハット。

リネン素材とパナマ素材は夏の代表的な素材。

御方はブルーのカプリシャツにアイボリーのハットですが、ブラウンのカプリシャツやハットと同じアイボリーのカプリシャツに合わせてもかっこいい。

バンドカラーシャツもおすすめです!

そしてカプリシャツとよく間違われるのが同じプルオーバーのバンドカラーシャツです。

バンド・カラーとは、スタンドカラー(立ち襟)の一種で、ノーカラーの状態に帯(バンド)状の布を付けた襟(衿)の形。

1300年以降にフランスのノルマン地域の貴族により、寒さをしのいだり、ノーカラーの補強のために考案されたとされ、現在のスタンド・カラーの起源とも言われる。

カジュアル感の中に首元をすっきり、清潔感あるイメージを与えることができる。

ノーカラーシャツやスタンドカラーシャツ、マオカラーシャツ(死語?)とも呼ばれます。

バンドカラーシャツもプルオーバータイプでリネン素材であればエスパドリーユと好相性。

リゾートファッションにも向いてます。

だがバンドカラーシャツはリゾート感のカプリシャツよりシティーユースとしてBIZスタイル寄り。

両方のシャツを上手く着こなせばコーデの幅も広がります。

『カプリシャツの大人リゾートファッション』・まとめ

今回はカプリシャツを使った夏のリゾートファッションコーデを紹介致しました。

お気に入りのコーデはございましたか?

のおすすめコーデの一つでもあるリゾートファッション。

余裕がある大人の雰囲気がかっこいいですね。

シンプルで合わせやすカプリシャツはリゾートファッションのみじゃなく、シティーユースとしても使えそうです。

この夏カプリシャツコーデに挑戦してみてはいかがでしょうか?

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

今年の夏は・・・

参考:夏を乗り切るために暑さを感じさせないビズスタイル

参考:【メンズ】夏のコーデを格上げしてくれる小物とは?