ビッグシルエット・アウターライダースジャケット秋カラー

【スーツと違う!】ジャケパンにありがちな4つの失敗例

ジャケパン

スーツとジャケパンはそもそもの着こなしが違う

ビジネスファッションのカジュアル化が進み、2007年頃から日本でもジャケパンが流行り始めました。

それまでのビジネスファッションはスーツが基本となってましたが、ジャケパンはファッション性が高く、またコーデの幅が広がる事から大人気なビジネスファッションとして定着しつつあります。

ですが逆にコーデの幅が広い分、「どう着こなせばいいのかわからない…」なんて方も多いはず。

また今までのスーツと同じ感覚でコーデした場合、NGファッションとなってしまう場合もあります。

今回はそんなジャケパンの着こなしについてまとめてみました。

ジャケパンとは?

ジャケットとパンツの略。上下ひとそろいのスーツではなく、別素材・別色のジャケットとスラックスを合わせる装い。

スーツや上下セットアップではなく、ジャケットはジャケットで単体、パンツもパンツで単体の物を組み合わせて成り立つのがジャケパンです。

上下が決まってるスーツよりファッショナブルでコーデの幅は広がるが、ただ単純に単体だけを組み合わせれば良い訳でもなく、ジャケパンはその人のファッションセンスが問われる。

そんなジャケパンの定番組み合わせが、紺ジャケにグレスラ。

ジャケパン

一見簡単そうな組み合わせにも見えますが、トーンのバランス、サイジング、小物の組み合わせなど画像の御方のように随所にセンスが問われます。

ジャケパンにありがちな失敗

季節感の素材違い

よくジャケパンの失敗例に挙げられるのが、”季節の素材違い”で組み合わせてしまう事。

ジャケットが冬の厚手ウールやツイードなのに対して、パンツは夏のクールビズ用の薄手スラックスを合わせたり、またその逆もあります。

そうなった場合、季節感のズレが生じて全体的に違和感が出てしまいます。

スーツなら上下が同じ素材なのでこのような失敗はないのですが、ジャケパンのように単体で選んだ場合このような失敗が多々見受けられます。

色合いの組み合わせ

こちらもスーツの場合は考えなくても良いのですが、ジャケパンの場合は上下色合いの組み合わせも気にしなければなりません。

例えば、

・同系色でそろえるのか

・同じトーンでそろえるのか

・同じ彩度でそろえるのか、など…

のように、素材だけではなく色合いの組み合わせもジャケパンには必要です。

各々のファッションセンスがあるので色の組み合わせは一概には言えませんが、あまりにも違うトーンや彩度にしてしまった場合、まとまりがなくビジネスファッションとは言い難くなってしまう。

ジャケパン

画像のように異色の明度の高いジャケットに彩度が高いパンツを合わせるのはジャケパンにとっての色合いが正解とは言えない。

グレージャケットを用いるなら同系色のパンツ、もしくは色彩を落とした色合い(ライトグレー、オフホワイトなど)にすると、バランスよくまとまりがあるジャケパンが完成する。

ジャケパン

ジャケパンは、ジャケットとパンツただ違うものにすれば良いというわけではなく、画像のように上(ジャケット)から下(パンツ)へ色彩を濃→薄にすると、よりまとまりがあり、ちゃんとしたジャケパンが完成する。

ファッションコーデに置いて色合いは非常に大事。

王道のルールとして例えれば、

・全体で3色までとか

・季節感、など…

と言われてます。

ジャケパンはこの色合いのルールが非常に大事になってくるコーデとも言えます。

パンツの丈

着こなしにサイズ感はとても重要ですが、ジャケパンに関してはパンツ丈も重要になってきます。

近年のビジネスファッションは日本でもタイトなスーツが主流になってきました。

ジャケットだけじゃなく、パンツもスリムタイプなら裾幅は17,18センチほど。

そんなスリムパンツの丈を長くしてしまうと、みにくいたるみが生まれ、なんとも言えない野暮ったさができてしまう。

スーツよりもファッション性が高いジャケパンで、その野暮ったさは邪魔でしかない。

野暮ったくならない為にはパンツ丈をハーフクッションまたはノークッションに調整する事をおすすめします。

その方が足元をスッキリとスタイリッシュにまとめる事ができます。

ノークッション

ノークッション

だが、日本のビジネスシーンにおいては靴下が見えたり素足履きのくるぶしが見えたりするのは相応しくないと感じる方がいるのも事実。

そうならないためにも自分にあったパンツ丈を調整するTPOも必要です。

小物使い

小物の使い方はジャケパンのみじゃなくスーツの時にも必要になるセンスです。

ですがそのセンスはスーツの時よりさらに必要。

ネクタイ、ポケットチーフ、ベルト、靴、バッグ、冬ならグローブ(手袋)、マフラーなど、ジャケパンと合わせる小物はスーツの時より随所にそのセンスが必要になってくる。

ファッション小物

基本は素材と色の組み合わせ。

ネクタイとチーフを同じ素材にしたり、シャツとチーフを同系色にしたりなど。

逆に素材や色合いを気にせず小物を多様化するのは正解のジャケパンとは言い難い。

ジャケパン

画像のような小物の色や柄を多様化してしまうとコスプレチックになってしまうので×

『ジャケパンにありがちな失敗例』・まとめ

今回はジャケパンについてまとめてみました。

スーツとは違うジャケパン時に気を付けなければならないのは、

・上下の素材違い

・上下の色の組み合わせ

・パンツ丈

・小物使い

になります。

「ジャケパンコーデがいまいち…」と感じた方は上記の事を見直してみてはどうでしょうか?

ジャケパン

また、ジャケパンを取り入れる理由はただお洒落なだけではなくこんな意見もありました。

・ジャケパンの同僚が多い本部に異動になった(メーカー31歳)

・IT系で服装自由。これまでカジュアルだったが、年齢に相応しい恰好を考えた結果(IT系38歳)

・顧客に女性が多く、スーツでは堅い空気になりがちだから(保険37歳)

仕事上で大事な”対人関係を円滑にする”ためにもジャケパンを選んでるビジネスマンも多いようです。

このように時代の流れでジャケパンが増えてくるのは自然の事だとおもいます。

今後もビジネスファッションのカジュアル化は進み、ジャケパンはますます定番化してくる事でしょう。

まだ挑戦した事がない方は今から試してみる事をおすすめします。

今回も最後までご覧頂き有難うございました。

ビジネスファッションの参考に

参考:スキニーパンツ=子供、今旬な大人はゆったりテーパードパンツ

参考:ビジネスファッションでも使える!マフラーの巻き方6種