コーデュロイパンツキャメルカラーベルテッドコートイタリアセレクトショップ

秋冬らしさを演出!スエードを取り入れたメンズコーデ14選

キャメルカラーブルゾン

スエード素材を取り入れたメンズコーデ

秋冬らしさを演出するのに最適な素材スエード

ジャケットや靴など、様々の物にスエードは使われてます。

今回はそんなスエードを秋冬用に使ったメンズコーデをまとめてみました。

スエード(スウェード)とは?

靴などによく使われてるスエード素材。

よく聞きますが、ではスエードとはどのような素材なのでしょうか?

クロムでなめした皮の内側を、回転砥やサンドペーパーなどで磨いて起毛(けば立てること)したもの。

子牛や山羊革を主に使い、手袋、靴などに使われる。

スエードは元は「スウェーデン」の意味で、「gants de Suède(スウェーデン手袋)」という言葉から、製法を意味するようになった。

よくスエードとスウェードと表現されるのですが、発音が違うだけで全く同じ物を指します。

ヌバック素材とよく間違われますが、簡単に言うとヌバックは皮の表を毛羽立たせたもの、スエードは皮の裏を毛羽立たせたものです。

スエードは革ですが柔らかくてしっかりしてます。

その特徴から、よく靴に使われてます。

また独特の光沢感や暖かみを感じさせてくれるのもスエードの特徴です。

その温かみから、秋冬のコーデには最適とされてます。

スエードジャケットの着こなし

レザーに比べると艶っぽさはなく、よりカジュアルな雰囲気があるスエード素材。

だがキャンパス地のようなラフさはないのでドレスアップしたコーデにも順応できます。

カジュアルだがラフ過ぎず、男クサさも演出してくれる。

そんな時のメンズコーデにスエードのジャケットはおすすめです。

キャメルなどのブラウン系が多いが、グリーンのスエードは珍しい。

テーラードからライダース、MA-1タイプまでスエード素材のジャケットはデザインも豊富です。

スエードバッグを取り入れたコーデ

重量感があるスエードのバッグはカジュアル過ぎず、大人らしいメンズコーデに仕上がります。

素材、色合いでコーデに秋冬らしさがプラスされた。

スエードの靴を取り入れたコーデ

冒頭でも話したようにスエードは柔らかくてしっかりしてますので、靴素材に使われる事が多いです。

ドレスシューズやチャッカブーツ、またスニーカーにもよく使われます。

オンオフでもブラウン系だと落ち着いた印象で、秋冬らしさをさらに演出してくれる。

カジュアルなイメージなスニーカーでもスエード独特の重量感が大人カジュアルにしてくれる。

目立つ色合いの靴ならコーデのワンポイントにもちょうど良い。

スエード小物の使い方

デザイン性、機能性にも長けてるスエードは、ファッション小物にも取り入れられます。

冬に活躍するグローブ(手袋)にもスエード素材。

チーフ代わりにポケットに挿しても◎

同素材、同系色の小物同士を合わせた上級者テクも参考になります。

スエードのベルトなら色合いをジャケットと合わせたり、靴と合わせたりするのがマスト。

パンツにデニムを持ってきたり、白パンと組み合わせたりとコーデの幅が広がる。

スーツに合わせる帽子ならスエード素材がおすすめ。

ハットやキャスケットならコーデを格上げしてくれます。

ただスーツに合わせるならウエスタン調のスエードハットは避けた方が無難です。

スエードを長持ちさせる手入れ方法

スエードは革なので洗ったりするのは基本NGです。

ではどのように汚れを取り、長持ちさせるのでしょうか?

スエードのようにデリケートなレザーの手入れは、「革の状態を保つこと(保革)」と、「革を綺麗に見せること(化粧)」の2点が重要です。

保革の為にはよくクリームが使われますが、スエードの場合はNGです。

スエード独特の光沢感や暖かさは革を毛羽立たさたからこそ生まれたものです。

だがクリームを使うとせっかくの毛羽立ちがなくなってしまいます。

なのでスエードの保革にはスプレータイプの製品を使うのが一般的とされてます。

靴でしたら、スプレーをかけブラッシングし再度スプレーをかける事によって、保革と防水効果も得られます。

また長年使用していると、どうしても色褪せたりくたびれ感が出てきてしまいます。

そうならない為にも毛羽立たせ用にブラッシングをするのも重要です。

また色褪せを回復させるスエード専用の補色剤などもありますので、それらを試してみるの良いでしょう。

『スエードを取り入れたメンズコーデ』・まとめ

今回はスエード素材を取り入れた秋冬コーデをまとめてみました。

ファッションに大切な季節感を素材で演出するのも良いですね。

秋冬としてスエードはそんな季節感を演出できる素材です。

今期スエード素材を試してみるのも良いかもしれません。

今回も最後までご覧頂き有難うございました。

秋冬コーデにおすすめ記事です

40代メンズのニット活用術 寒い季節に活躍するニット。 ジャケットや帽子などにも取り入れられる素材で、薄手の物から厚手...
ダウンジャケットの着こなしとおすすめブランド6選 毎年寒くなると活躍するダウンジャケット。 王道なブランドからコスパを...