コーデュロイパンツキャメルカラーベルテッドコートイタリアセレクトショップ

キメすぎてませんか?ハイセンスなスーツの”着崩し方”10コーデ

スリムパンツ

スーツを着崩す方法

どんなシーンでも活躍するスーツはメンズファッションに必要不可欠ですね。

ワイシャツにネクタイ、レザーシューズと正統派に着るのが王道ですが、最近はファッションの多様化にちなんでスーツも様々な着こなし方があります。

一般的には「スーツを着崩す」と表現します。

着崩すと聞けばコーデがマイナスになってしまうのでは?…と思ってしまいますが、ちゃんと着崩したスーツコーデなら、こなれ感もありとてもお洒落に見えます。

今回はそんなスーツを着崩したコーデをまとめてみました。

着崩しスーツ、王道はスニーカー

スーツにスニーカーも最近では浸透してきましたね。

スーツ=革靴というクラシックなイメージが強い分、そこをあえてカジュアルなイメージが強いスニカーを合わせれば、スポーティーさがプラスされ上手く着崩せます。

白スニーカーなら様々なスーツに合わせやすいので初心者にはおすすめ。

ファッショニスタはハイテクスニーカーを合わせたり、派手色スニーカーを合わせたりとスーツにスニーカーコーデを最大限に楽しんでます。

パンツの丈をワンクッションより短めにする事をお忘れなく。

インナーをカジュアル化でスーツを着崩す

Tシャツ

インナーにTシャツを取り入れただけのシンプルな着崩し方。

とても簡単そうにも見えるが、スーツのサイジング、Tシャツの形、あと肩幅と胸板がなければだらしなく見えて失敗する可能性もあるので気を付けなければならない。

タートルネック

「アウターはいらないがインナーが薄手だとまだ肌寒い」って時に最適なのがタートルネック。

カジュアルすぎないし、肩肘張らないタートルネックは上手くスーツを着崩すのにちょうど良いインナーです。

シャカシャカのパーカー

スーツのインナーにシャカシャカパーカーを合わせてスポーツミックススタイルに着崩した。

アスレジャーなど近年はスポーツスタイルを取り入れたコーデが流行りの傾向にもあります。

参考:アスレジャーファッション10選

インナージージャン

通常はアウターとして使うジージャンをインナーに取り入れてスーツを着崩すコーデ。

数年前からアウターアイテムをインナーに忍ばせる着こなしも主流になってきました。

代表的なのがインナーダウン。

ジャケットやコートのインナーに薄手のダウンジャケットまたはダウンベストを取り入れるコーデ。

寒さ対策にもなりますし、室内に入ってもわざわざダウンを脱がなくてもよいのが受け入れられたようです。

上記のジージャンなら同じ理由プラス、よりカジュアルによりお洒落にスーツを着崩せる。

帽子でスーツを着崩す

ファーマルなスーツにフォーマルじゃないニット帽や中折れハットのホンブルグを組み合わせたスーツ着崩しコーデ。

帽子だけじゃなくインナーをTシャツにしたりシャツをラフに着ているところが上手くスーツを着崩したポイント。

バックパック(リュックサック)でスーツを着崩す

スーツ時のメンズバッグと言えばクラッチバッグやブリーフケースがマストですが、そこをバックパックでドレスダウンさせたスーツの着崩し方。

ですが、バッグパックの素材がナイロンなどのスポーツバッグ用だとだらしなく見えて、本当に崩したコーデになってしまいます。

ここではレザーなどの高級素材を使うのが最適。

着崩すが着崩すぎないのがポイントです。

ジャケパンも一種のスーツの着崩し方

ビジネスシーンに置いてスーツ以外のスタイルと言えばジャケパン。

数年前まではスーツ素材で上下違ったジャケットとパンツを着るのはNGファッションとされてましたが、ファッションの多様化でジャケパンという新しい着こなし方も生まれました。

ジャケパンはビジネスファッションの着こなし幅を広げてくれました。

今までは上下セットのスーツのみでしたが、上下が違うという事は幾多の組み合わせができるという事。

またスーツ素材の上下のみじゃなく、

デニムパンツを組み合わせてさらにカジュアル化したジャケパンコーデも多く見かけられるようになりました。

パンツの組み合わせはデニムのみじゃなく、チノパン、スウェットパンツ、カーゴパンツなどと組み合わせたジャケパンスタイルも見かけられます。

このようにジャケットひとつでフォーマルなビジネスファッションからカジュアルなビジネスファッションまで幅広く着こなせるジャケパンスタイルも一種のスーツの着崩し方と言えるでしょう。

ですが、人によってはビジネスシーンにおいてデニムやスウェットがNGの場合もありますので、気を付けなければなりません。

『スーツの着崩し方』・まとめ

今回はスーツの着崩し方についてまとめてみました。

スーツを普通に着るのも悪くはないのですが、ちょっとした着崩しテクでこなれ感を出したコーデが完成しまう。

いつものスーツコーデに飽きた方は是非挑戦してみて下さい。

今回も最後までご覧頂き有難うございました。

夏を先取りコーデ

参考:Tシャツコーデを他人とカブらないようにする3つのポイント

参考:ハイブランドTシャツで夏でもリッチな装いに!