コーデュロイパンツキャメルカラーベルテッドコートイタリアセレクトショップ

【メンズ】ハイブランド水着でコーデ!大人なビーチファッション

ハイブランド水着のビーチファッションコーデ

水着の準備はお済みですか?

ワンシーズンのみのコスパが高い水着から、値が張るがラグジュアリーなハイブランドの水着まで水着の種類も様々です。

今回はそんな水着の中でも大人が着る上質なハイブランドのメンズ水着と、水着のビーチファッションメンズコーデをまとめてみました。


スポンサードリンク

 

TOM FORD(トムフォード)

サングラスなどで人気なブランド・トムファード。

そんなトムフォードの水着は鮮やかなブルーが目を引くペイズリー柄。

ビーチなので勿論水着のみでも大丈夫なのですが、”ビーチファッション”と捉えた場合御方のように同色のヨットパーカーを合わせたり、海に似合うサングラスを取り入れるのもおすすめです。

ブルーの柄水着と同等に目を引くイエローのパーカーがビーチファッションを際立てます。

タウンユースでは無理でもビーチならOKのスタイルですね◎

Dries Van Noten(ドリスヴァンノッテン)

ベルギーから発祥したラグジュアリーブランド・ドリスヴァンノッテンは、エスニックな民族調のデザインをラグジュアリーに取り入れたスタイルが有名。

そんなドリスヴァンノッテンのアジアンリゾート調のデザインが施されたアーティスティックな水着。

落ち着いた色合いだが、主張したデザインを引き立てるため、トップスや足元はシンプルにまとめたい。

PRADA(プラダ)

無地にワンポイントのロゴが入った比較的シンプルなデザインが多いプラダ。

そんなプラダっぽくないデザインの水着。

水着をコーデのメインに取り入れてもバックパックと足元を黒で締めれば街着でもいけそうな組み合わせ。

コーデによっては水着をハーフパンツとして取り入れても良さそうです。ブランド

Alexander Mcqueen(アレキサンダーマックイーン))

刺激的で斬新なデザインが特徴のイギリスの代表的ブランド。

相反するファクターを組み合わせるデザインが有名です。

そんなアレキサンダーマックイーンの刺激的なデザインの、

Letters From Indiaの水着。

手紙っぽいデザインにスカルとフラワーといった相反するファクターを取り入れたのは、まさにアレキサンダーマックイーンっぽいデザインになってます。

別の種類はインドを主張した手紙にスカルを組み合わせたこちらも斬新んなデザインです。

Berluti(ベルルッティ)

パティーヌといった伝統的な手法で色を作り上げた事でも知られてるベルルッティ。

カリグラフィー柄の革小物や靴などが有名ですね。

ニット、Tシャツ、水着と全身ベルルッティビーチファッションの御方。

ベルルッティのカジュアルウェアはあまり浸透していないようですが、シンプルなデザインが大人のコーデに最適です。

同ブランドの革製品のバッグや靴とも好相性◎

Missoni (ミッソーニ)

色の魔術師とも呼ばれたイタリアのブランド。

数色を織り交ぜた幾何学模様が目を引く人気なブランドです。

そんなミッソーニの水着は、

シックな色合いでまとめた幾何学模様のショート丈。

トップスは同色でシンプルなのがおすすめです。

参考:ミッソーニ Missoni メンズ 水着 海パン

Les Canebiers (レカヌビエ)

Les Canebiers (レカヌビエ)とは・・・

フランス地中海沿岸の高級リゾート地サントロペに本店があるお店。

現在はイビザ、ニューヨーク、マイアミ、ドバイなどに店を出しています。

国際的に有名な高級リゾート地ということもあり世界中のセレブがこのブランドを愛用しており、最近ではレオナルド・デカプリオ、ジョントラボルタ、キム・カーダシアン、フランチェスコ・トッティなどの方々が愛用してくれています。

最高品質の素材、熟練した職人技、細部への特別な配慮、そして20種類以上の色と素材が用意されていることが特徴のブランドです。

スカル、シュリンプ、オクトパスといった馴染みのあるモチーフを立体的な刺繍で施したデザインが代表的な新しいブランド。

その他にも、タイガーやストロベリー、ピースマークなどもある。

日本では今後流行りそうな兆しがあります。

『ハイブランド水着コーデ』・まとめ

今からの季節、ビーチやリゾート地に行く機会も増えてくるとおもいます。

そんな時ラグジュアリーなハイブランド水着なら、ビーチファッションも大人っぽく仕上がる事でしょう。

ぜひ参考にしてみて下さい。

今回も最後までご覧頂き有難うございました。

ビーチ、リゾート地に行くならこちらもおすすめです。

参考:【メンズ】シンプルだが気を抜きすぎない海コーデ

参考:カプリシャツで魅せる夏の大人リゾートファッション


スポンサードリンク