コーデュロイパンツキャメルカラーベルテッドコートイタリアセレクトショップ

【メンズ】海外レザーブランドを超えたジャパンメイドのみが並ぶショップがあった!

ジャパンメイドのメンズレザーブランド

武骨で大人の魅力を感じさせてくれるレザーアイテム。

ジャケットや小物など様々なファッションアイテムの素材として取り入れられます。

レザーブランドと言えば海外の有名ブランドやショップを思い浮かべる方も多いとおもわれますが、日本製でも海外ブランドに引けを取らない高品質、ハイクオリティのレザーブランドもあります。

ジャパンメイドは丁寧かつ上品な仕立てで、普遍的な美しさを作り出しました。

そしてそんなジャパンメイドのレザーブランドのみを専門にしてるショップもあります。

『Mens Leather Store』

どんなショップなのでしょうか?

今回はジャパンメイドの高品質レザーブランドと、そんなジャパンメイドのレザーブランドのみを取り扱うショップについてまとめてみました。

レザー(革)とは?

レザーというのは、日本語の革(牛などの動物由来のもの)を表す英語、leather をカタカナ表記したものなんですが、いわゆる合成皮革のこともレザーと表示していることもあります。

主にファッションに用いられる事が多い用語で、動物由来以外でも、ビニールなどの素材を革に見立てて作った合皮のフェイクレザーやポリウレタンで作ったPUレザーなどもあります。

近年のファッションではライダースがレザーを取り入れた代表的なアイテムで、男女問わず人気ですね。

また、財布や鞄といったファッション小物にもレザーはよく使われます。

動物由来のレザーは手触りがよく、上質な美しさすら感じさせてくれます。

また熱にも強く長持ちしますので、経年により味が出てくるのもレザーの魅力のひとつ。

だが、レザーは水分や温度変化に弱く、品質管理や手入れも必要とされます。

また上質なレザーは大量生産できないので、欲しいものが手に入らなかったり高額になったりする場合もある。

革と皮の違いは?

皮で生まれた素材は、”鞣し”(なめし)という作業を経て、革へと変化して行きます。

「鞣し(なめし)」とは簡単に言えば、動物の皮を製品として使えるよう加工する作業のことです。

革の原料である動物の皮は、そのままでは腐敗や劣化してしまいます。そこで、皮に含まれているコラーゲン繊維に鞣し剤を結合させるのです。この工程が「鞣し」と呼ばれる作業です。

鞣し剤は主に”クロム”と”タンニン”を使います。

クロムで鞣したレザーを「クロム鞣し」、タンニンで鞣したレザーを「タンニン鞣し」といい、互いの作業方法にも違いがあります。

【クロス鞣し】

簡単にクロム鞣しの工程を説明すると、次の通りになります。

1、クロム鞣し剤は酸性でなければ溶けないので、皮を酸性溶液に浸す。
2、酸性になった皮にクロム鞣し剤を浸透させる。
3、革に含まれた余分な水分を絞り出す。

【タンニン鞣し】

タンニン鞣しの主流であるドラム製法の工程は次の通りです。
1、遠心力を使って皮にタンニンを浸透させるため、タンニンを溶かした水が入った大型ドラムに皮を入れて回転させる。
2、革に含まれた余分な水分を絞り出す。

上記なような工程を経て皮から革へと変化して行きます。

ジャパンメイドのレザーブランド

海外から好評を受ける”ジャパンクオリティ”との言葉があるように、メイドインジャパンの製品は高品質で丁寧に作り上げられてるのが特徴です。

そのため、ハイブランドのレザーよりジャパンメイドのレザーを好む方も最近は増えてきましたね。

そんなジャパンメイドの代表的なブランドは・・・

『LE’SAC』(レ・ザック)

エキゾチックレザーを専門とするレザックは、様々な独自の価値基準を設けて真の絶対価値を追求。

そんなレザックが作り出したマネークリップは、

国内では入手困難と言われてる”エレファントレザー”を使用。

アフリカから輸入したクラフトレザーをレザック独自のオイルを使った鞣しを施し、防汚や撥水性にも優れた素材”オイルエレファントレザー”を使用した希少性の高いマネークリップです。

参考:エレファント マネークリップ

『MASAMI TANAKA』(マサミ タナカ)

ファッションの本場イタリアフィレンツェで学んだデザイナー・田中将実氏が、最高品質の本物として作り上げたジャパンメイドのレザーブランド。

そんなMASAMI TANAKAが作り出したクラッチバッグは、

封筒をイメージした上品なデザインで、イタリアのシュリンク型押し牛革”アドリアレザー”を贅沢に使用。

ビジネスシーンやちょっとした外出にも活躍するクラッチバッグも、MASAMI TANAKAがデザインしたレザーなら上品かつ個性的な大人を演出できます。

参考:クラッチバッグ

『FESON』(フェソン)

メンズのレザー小物などを得意とする株式会社山万が、ハイクオリティを求めて手掛けたラグジュアリーブランド。

そんなフェソンが開発したのが、この”アドバン仕上げ”という独自の手法を施したレザーアイテム。

深いブルーで不思議なムラがあり、アンティークな雰囲気を醸し出すアドバンは、ミステリアスなイメージを与えてくれます。

また、経年により味がでくるレザーの特徴を活かし、使い込むうちに色が馴染んできてツヤが出てくるのもアドバンの魅力のひとつです。

参考:アドバン 長財布(小銭入れ付)

ジャパンメイドレザーのみの取り扱い

そして上記で紹介した高品質のジャパンメイドレザーのみを専門に取り扱ってるショップが、

真の価値にこだわり抜く、日本の革職人やレザーブランドが成せる匠の熟練技。
その想いや情熱、職人としての誇りに共感し、細部に至るまでの品質に感銘した革製品のみを厳選して、出逢いをお届けしているコンセプトショップ、それが『Mens Leather Store』です。

『メンズレザーストア』では、主に財布、マネークリップ、キーケース、パスケースなどのファッション小物からビジネスで使用するペンケースや手帳カバー、またスニーカーやバッグなどのレザーを用いるファッションアイテム全般を取り扱ってるショップです。

上記で紹介したブランド以外にも、

・Crevaleathco

・ATSUSHI YAMAMOTO

・CIMABUE graceful

・Bluestone

・Flathority

・二宮五郎商店

・無二

など、ジャパンメイドのレザーを代表するブランド達が立ち並ぶ。

そんな『メンズレザーストア』は高品質で本物志向のレザーをお求めの方には最適なショップです。

『メンズレザーについて』まとめ

今回は高品質なジャパンメイドのレザーブランドと、そんな高品質なレザーのみを取り扱っているショップについてまとめてみました。

レザーのアイテムは無骨さだけじゃなくファッションセンスも感じさせてくれる素材です。

またそんなレザーが高品質なら、さらに大人の魅力も感じさせてくれる事でしょう。

メンズレザーストア』が取り扱ってる高品質なレザーアイテムなら、ファッションセンス、大人の魅力共に格上げしてくれる事をお約束します。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

レザーのコーデなら

ライダースジャケットで秋コーデを先取り! 本来はその名の通り、バイクに乗る時に最適なジャケットとして作られたライダースジャケ...
メンズビジネスファッション冬アイテム スーツやジャケパンなどの基本的なビジネスファッション。 春夏秋はジャケットを羽織...