コーデュロイパンツキャメルカラーベルテッドコートイタリアセレクトショップ

夏に暑苦しく見えるメンズはサマージャケットを着こなせてないからです

夏ジャケットの着こなし

暑い夏になるとTシャツやポロシャツ1枚になりたいところですが、ビジネスシーンやドレスコードがある場所にはジャケットを着なければならない時もあります。

そんな時、ジャケットの素材や色または着こなしによってはとても暑苦しく見えてしまう場合もあります。

今回は、そうならないために夏用のサマージャケットの着こなしをまとめて見ました。

サマージャケットとは?

主に夏用の素材、リネンや麻などで作られたジャケット。

通常のジャケットにある裏地や芯地などを無くし、通気性を重視しているので全体的にも薄くて軽い。

芯地が無いためどうしても型崩れしやすいというデメリットもありますが、ラフになり過ぎないようにジャケット本来のファーマルさも保ちつつ、カジュアル感も出してくれるのもサマージャッケットの魅力のひとつです。

色合いもブルーやライトブルー、サックス、ホワイトなどの涼しい印象を与えてくれるものが主流です。

“クールビズ”が当たり前になった今の時代にでは、夏のビジネスジャケットにもこのような特徴が見かけられます。

ですが、フォーマルを最重要視した場合、サマージャケットは適切では無い可能性もありますので、TPOをわきまえなければなりません。

素材で涼しさを演出する夏ジャケット着こなし

色合いは夏用とはいえませんが、素材がリネンのジャケットなので軽い印象を与えてくれます。

リネン素材はカジュアルさもプラスされるので、着崩したスーツの着こなしにも最適。

参考:スーツの着崩し方

リネン以外にもジャケットによく使われる素材のコットン。

薄手のコットン素材なら通気性もよく軽快な夏スーツスタイルを作り出せる。

重たい色合いのジャケットでも、素材で軽快さを演出できれば涼しい印象を与えてくれます。

またシャツをライトブルーやワイシャツにしたり、ネクタイも夏素材のものを取り入れる事によって、ジャケットが重たい色合いでも中和してくれる。

色合いで涼しさを演出した夏ジャケットの着こなし

ベージュやライトグレーならとても涼しげな印象を与えてくれます。

素材も軽めなジャケットやスーツは、御方のようにカジュアルに着崩した着こなしが今っぽい。

ですが、ファーマルな場面では最適では無いのでTPOも考えなければならない。

スーツの色合いや素材だけではなく、シャツの素材も夏用にすればさらに涼しく見えます。

シワになりやすいのは夏ジャケットのデメリット?

冒頭でも話しましたが、サマージャケットは薄くて軽い仕上がりになってるため芯地がなく、型崩れしやすい特徴があります。

また、よく使われるリネン素材などはシワになりやすい。

腕まくりをしたり、ジャッケットを着たまま座ったりしたら当然シワになります。

ですが、そのシワは夏ジャケットのデメリットなのでしょうか?

イタリアではこのように見る人もいるようです。

夏にローマに行けば、シワくしゃの麻のジャケットやシャツを着たオヤジが夕方になると、ジェラートをなめなめ散歩しているのに出くわす。それがみんな、ちっとも颯爽ともしていないし、それほど清涼感もないのに、不思議とかっこいい。この不思議なかっこよさは、生活感や生き方から滲み出るものなのだろうか。

自然とできるシワもまたお洒落の一部との考え方は、イタリア人っぽいとてもユニークな発想ですね。

今期の夏ジャケット

【ラルディーニ】

イタリアジャケットの代表的ブランドのラルディーニ

カジュアルなリネン素材ですが、色合いが華やかな夏用スーツ。

涼しげで清潔感漂うベージュとトレンドでもあるグリーンなら夏のスーツスタイルを格上げしてくれます。

【タリアトーレ】

ラルディーニと同じくらい人気のイタリアブランド・タリアトーレ。

コットン素材で作られた春夏モデルの当スーツは、裏地が省かれたとても軽い着心地なのでスリーピースとして活用可能。

またタイトなフィッティングにも関わらず、肩回りには”いせ込み”が施されてますので、ストレスを感じさせない。

【ザ・ジジ】

元ボリオリのデザイナーが専属でデザインを務める2014年に始まったイタリアブランドのザ・ジジ。

リネン100%で作られた夏ジャケットは見た目に涼しく、柔らかいタッチで着心地も抜群。

8つ釦のセミダブルタイプはトレンドでもあるが、夏用のジャケットとしては珍しい。

オフベージュは合わせやすい色合いなのでオンオフ問わずにコーデに取り入れられる。

*ラルディーニ、タリアトーレ、ザ・ジジは画像をタップで詳細がご覧になれます。

『夏ジャケットの着こなし』・まとめ

今回は夏のジャケットメンズ着こなしをまとめてみました。

夏のジャケット姿でも素材や色合いで涼しく見せる事も可能です。

ビジネススタイルだけではなく、オフでも活用できるサマージャケットは今期おすすめのアイテム。

夏でも快適なスーツスタイルを楽しめます。

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

夏のメンズコーデに

参考:雨の日には欠かせないレインコートの着こなし

参考:Tシャツコーデをカブらないようにするには?