ボイルブランシェ靴下コーデグローブコーデュロイパンツキャメルカラーイタリアセレクトショップ

【メンズ】手抜きしがちな靴下(ソックス)をコーデのワンポイントに!

靴下をコーデに取り入れる方法

“ファッションは足元から”とも言われてるように、コーデに合わせた靴のチョイスは大事です。

ですが、足元は靴だけではありません。

アンクル丈のパンツやノークッションのスラックスが主流になってきた近年では”見せる靴下”もコーデに大事な要素となってきました。

靴下は本来、臭いやムレ防止のために存在するのですが、そんな靴下をコーデのワンポイントとして取り入れてみるのはいかがでしょうか?

今回は靴下を取り入れたメンズコーデをまとめてみました。

靴下の種類(丈別)

靴下の種類も様々で素材は汗を吸収して乾燥しやすいものがほとんど。

色や柄も無数にあります。

一般的に靴下を種類分けする場合、その丈の長さで判断します。

フットカバーソックス、ベリーショートソックス、スニーカーソックスなどが短い靴下で、甲が広めのローファーやスニーカーなどを履いた時に靴下が見えない作りになってるのが特徴です。

フットカバーソックス

冒頭でも話したように、主流になってきたアンクルパンツのような9分以下の丈の長さの場合、中途半端に靴下を見せないようにするにはこのような靴下が活用されます。

上記のソックスより少し丈が長くなったのがアンクレットソックス。

アンクレットソックス

“くるぶし丈”とも呼ばれてるアンクレットソックスはハイカットのスニーカーなどには最適ですが、甲が広い靴などには不向き。

中途半端に見える靴下がコーデを台無しにしてしまいます。

そして一番スタンダードな丈がスリークォーターソックス。

ふくらはぎあたりまでの丈です。

さらに丈が長くなったのがハイソックス。

ハイソックス

クロップドパンツやアンクル丈のパンツを履いて膝を曲げた時にスネが見えないのがハイソックスのメリット。

ハイソックス

それよりさらに丈が長くなったニーソックス、サイハイソックスなどもありますが、メンズ向けではありません。

その他にもクッション性を高めたパイルソックスや5本指ソックス、足袋ソックスなどもありますがファッション性は低いです。

靴下も用途に合わせて選ぶ事をおすすめします。

靴下をコーデのワンポイントに!

ワンポイントなら赤(レッド)がおすすめ

靴下コーデ

アレッサンドロ・スクアルツィ氏は赤無地の靴下をスーツスタイルのワンポイントに取り入れたコーデ。

同じブラウンのスーツとローファーだが濃薄でメリハリを付けた。これだけでも十分コーデとして成り立っていますが、ワンポイントの赤い靴下を取り入れたのはさすがファッショニスタだ。

靴下コーデ

靴下をワンポイントコーデに取り入れる際には赤系の色がおすすめ。全体コーデの一点だけを際立たせてくれる。

赤い靴下はグレスラとも好相性です。

トップスがシンプルなら画像のようなアーガイル柄などが入ってても◎

靴下コーデ

休日コーデならデニムとも合わせられる。

カジュアルな装いをワンポイントの靴下でワンランクアップさせた。

参考:休日のメンズコーデに迷ったら

靴下コーデ

そして赤の靴下は白スニーカーとも好相性。

スーツにスニーカーのコーデの際に靴下ワンポイントを入れて差別化もできる。

ただ、スニーカーに入っているアイコンやスラックスの色にも気を使わなければならない。

画像の色合いは良い参考例です。

靴下コーデ

靴下とポケットチーフを赤でリンクさせ、他をシックな色合いでまとめたワンポイントコーデ。

靴下をワンポイントで使う際には全体をシックでまとめて靴下だけを際出たせるのが基本。

御方はそこにポケットチーフもプラスしたファッション上級者。

違う色で靴下ワンポイントコーデ

靴下コーデ

靴下コーデ

上記でも話したようにワンポイントコーデに靴下を取りれるなら赤がオススメですが、黄色の靴下ならまた違った表情のコーデを作る事が出来る。

トップスやパンツや靴、または他の小物などの全体の色合いを見て色を選んでみるのはいかがでしょうか?

柄で靴下を主張

靴下コーデ

今までの”靴下を際立たせる”コーデとは違った靴下の使い方。

目立たず靴やパンツと同系色の靴下ですが、迷彩柄で煩わしくなく靴下主張も忘れてない。

ビズスタイルにちょっとした変化を付けたい時におすすめです。

柄で遊びココロも

靴下コーデ

めずらしい大きな花柄の靴下。

靴下は色や柄などが無数にあるので、様々なコーデに取り入れられるのもメリット。

ちょっとした可愛らしさで遊びココロを取り入れるのも大人の余裕が感じられる。

柄on柄は細心の注意を

靴下コーデ

本来ならNGな組み合わせのチェックonチェック。

ですがチェックの種類とトーンを変えた事で靴下をワンポイントコーデに上手く取り入れる事も可能です。

柄on柄の組み合わせは非常に難しい上級者向けなのであまりおすすめはできない。

靴下コーデで気を付ける事

上記の画像でも確認できますが、靴下コーデを取り入れる際にパンツと靴とのバランスは非常に大事です。

全体をシックにまとめ、靴下を目立つ色合いで際立たせるのが靴下ワンポイントコーデの基本の取り入れ方になります。

また、ちょっとだけコーデに変化を付けたい時にはシックな色合いの柄が入ってる靴下もおすすめです。

『【メンズ】手抜きしがちな靴下(ソックス)をコーデのワンポイントに!』・まとめ

今回は靴下をワンポイントに取り入れたコーデをまとめてみました。

・中途半端に見せない

・全体をシックに靴下だけを際立たせる

・パンツや靴と同系色なら柄で靴下主張を忘れない

・珍しい柄で遊びココロをプラス

・柄の靴下を取り入れるには細心の注意を!

手抜きしがちな靴下ですが、コーデの一点として取り入れてみるのはいかがでしょうか?

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

冬のコーデに迷ったら

参考:メンズダウンジャケットを着膨れしないように着る方法

参考:40代メンズのニットコーデ