[metaslider id="3258"]

「パパかっこいい!」入学式でもお洒落を演出するファッションは?

入学式ファッション

お洒落な入学式ファッション

40代にもなると春先に卒業式や入学式などのセレモニーに出席する機会も増えてきますね。子供達の新しい門出、そんな大事なセレモニーにあなたはどんなファッションで行きますか?

当たり障りのない黒や紺のスーツにワイシャツネクタイ…間違いではないのですが、お洒落とは言い難い。かと言って、色気のあるスーツだとTPOをわきまえてないイタいパパになってしまう。

ではどのようなファッションが卒業式や入学式に相応しくお洒落を演出できるのでしょうか?

今回はそんな式典などに相応しいお洒落な服装についてまとめてみました。

入学式にNGなファッションは?

子供たちにとっては一生の思い出に残る大事なイベント、もちろん主役はお子さんになりますよね。そのため目立つ格好やあまりにも場違いな服装は基本NGとされてます。

派手なジャケット、ネクタイ

なので、誰が主役なのかわからないような目立つジャケットや派手なネクタイなどは避けた方が良いでしょう。

悪目立ちし過ぎる白いジャケットや奇抜な柄が入ったジャケット、オレンジやピンクなど原色系のネクタイなど。

NGファッション

白黒はアイテムによってはNG

だからと言って白や黒などの単色にすれば良い訳でもありません。

白のネクタイは式典において学校側の職員や来賓の方々が着用するため、出席者が着用するのはマナーとしてはNGとなってますし、黒のネクタイは晴れやかな入学式には相応しくありません。

また、黒やダーク系のシャツは着こなしによってはホストなどの水商売風にも見えてしまいますので、これも避けた方がよいでしょう。

NGファッション

小物の間違った使い方

指輪やブレスレット、ネックレス等のアクセサリーをジャラ付けするのもNGです。

アクセサリーじゃら付け

これは入学式等に関係なく、アクセサリーを大量に付けてるとチャラチャラした子供っぽいイメージを与えてしまい40代には相応しくありません。

また、芸能人だと勘違いしたのかどうかは定かではないのですが、入学式にサングラスやハットを着用するのも避けた方が良いでしょう。

カジュアル過ぎ

式典なのでカジュアル過ぎる服装は相応しくありません。

近年はスーツにスニーカーやデニムを組み合わせるカジュアルな着こなしも増えてきましたが、式典となると別です。フォーマルを意識したファッションをするのがTPO的に最適と言えるでしょう。

お洒落な入学式ファッションとは?

入学式ファッション

シンプルにまとめつつもアクセントを付けるとお洒落に見えます。

ジャケットが明るすぎたり、ネクタイが派手すぎるとNGとなってしまいますが、御方のようなシックな色合いのジャケパンに1点だけ華やかなネクタイを取り入れた入学式ファッションはお洒落に仕上がります。

こんなパパがいたら素敵ですよね。

入学式ファッション

スーツよりカジュアル感がありお洒落にも見えるジャケパンは入学式ファッションにはおすすめです。

ですが、着こなしはスーツより難易度が高め。上下の色合いを合わせないといけないですし、素材も季節感を統一しなければジャケパンコーデの正解とは言えない。

ジャケパン

ジャケパンの王道、紺ジャケにグレスラ。小物を茶系で統一すると全体的にもまとまったコーデが完成します。

チーフをシャツの色と合わせたり、ネクタイや靴の色と合わせたりすると、ワンランクアップしたジャケパンコーデに仕上がります。

タートルネック

シックな色合いでまとめるならタートルネックも◎

入学式ファッションの場合、シンプルなフォーマルが理想。御方のようなシックな色合いのセットアップに黒のタートルネックならお洒落にまとまります。が、明るい色合いのタートルネックなら目立ってしまいこの場合NGとなってしまいます。

「パパかっこいい!」と言われるには?

お子さんの入学式や卒業式などの式典に行く場合のファッションで、気を付けなければならない点は、

・主役は自分ではない(目立ちすぎない)

・TPOやマナーをわきまえる

・シンプルフォーマルを意識

その中でお洒落をするならば、

・ネクタイだけ少し華やかにする

・スーツよりジャケパンで

・小物の使い方

・タートルネックも◎

を取り入れてみてはいかがでしょうか?

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

オススメの関連コンテンツ



SNSページはこちらからです!