コーデュロイパンツキャメルカラーベルテッドコートイタリアセレクトショップ

【冬アウター】ポロコートが40代メンズの色気を醸し出す!

コーデを格上げする冬アウター『ポロコート』

近年の冬アウターは保温性に特化しただけじゃなく、デザインもお洒落で種類も豊富ですね。

ダウンジャケットやモッズコートなどの代表的な冬アウターから、最近カジュアル化してきたチェスターコートなども冬の定番アウターに成りつつあります。

そんな様々なアウターがある中、40代メンズにはどんなアウターが最適なのでしょうか?

そんな40代メンズに今回おすすめするのがポロコートです。

若い子にはまだ馴染みがない大人のアウターとして人気なポロコートは、存在感も抜群で色気さえも感じさせてくれる大人の冬アウターともいえるでしょう。

今回はそんなポロコートについてまとめてみました。

チェスターコートとポロコートの違いは?

ポロコートとよく似ているのがチェスターコート。

似ているふたつのコートですが、随所随所に違いがあります。

まずチェスターコートは・・・

チェスターフィールドコート

名前の由来は19世紀頃にイギリスのチェスターフィールド伯爵という方がはじめて着た事からこのように呼ばれるようになったと言われてます。

一般的な形は、スーツの丈を膝程度まで伸ばしたような形が多い。

素材はカシミヤ、ウール、メルトンがよく使われ、冬アウターなので防寒性にも特化してます。

チェスターコートの正式なデザインは、比翼仕立てで前ボタンが見えない、そして上襟はベルベット仕立てになっています。

チェスターコート

画像のチェスターコートが上襟ベルベットで比翼仕立てです。

ですが現在のチェスターコートはラペルも上襟も同生地で、比翼仕立てではなく、ウエストに多少絞りが入ったシングルまたはダブル仕立てなのが一般的になってきました。

元々フォーマルで格式の高いコートだったのでベルベットなどを用いたデザインが正式だったのですが、現在は価格を押さえた素材を使いカジュアル化する事によって一般的にも普及し人気が出ました。

そんなチェスターコートで一番人気なのがキャメルカラー。

チェスターコート

画像の御方はフォーマルな装いに取り入れたチェスターコートですが、カジュアルなコーデにも取り入れられるのが近年のチェスターコートの特徴でもあります。

ではポロコートは・・・

ポロコート

そんなチェスターコートが進化したのがポロコートだといわれてます。

名前の由来はチェスターコートと同じ時期の19世紀のイギリスで盛んだったポロ競技の選手が試合の休憩中などに着ていた事からポロコートと呼ばれるようになりました。

そして時代が流れ、約70年ほど前にアメリカのファッションブランドが一般に流通させた事からポロコートを取り入れたコーディネートが始まったとされてます。

両前6つボタンで丈は膝程度、元々はラクダの毛を織った生地で作られてたが時代と共に素材も変化し、チェスターコートと同様にカシミヤ、メルトン、ウールなどがよく使われてます。

そしてチェスターコートとの違いは大きく分けて4つ。

まず後ろから見た時が一番わかりやすいとおもわれます。

腰あたりに付いてる背バンドから裾にかけての上品なプリーツがポロコートの特徴です。

ポロコート

これによりウエストが締まって見え足長効果があります。

また、ラペルの大きさや襟の形にも違いがあります。

チェスターコートの襟はテーラード仕立てになっておりますが、

チェスターコート

ポロコートの襟元はチェスターコートの襟より大きく、

ポロコート

どちらかというとピーコートのような襟元になってるのがポロコートの襟の特徴です。

襟が大きな分、立てたら顔半分を覆うくらいになり小顔効果も期待できます。

そしてポケットの形もメールボックスと言われる特徴的なポケットになってます。

そして袖のカフス部分。

ターンナップと呼ばれるダブルカフス風な袖になってるのもポロコートの特徴です。

ポロコート

チェスターコートとポロコートの違いは、

1、背バンドからのプリーツ仕様

2、襟の大きさ、形

3、メールボックス(ポケット)

4、袖がターンナップ(ダブルカフス)

以上がチェスターコートとポロコートの違いでした。

ポロコートコーディネート+α

そんな大人アウターなポロコートのメンズコーデまとめました。

ポロコート

ポロコート

ポロコート

元々フォーマルなコートのため、スーツとの相性は◎

ポロコートは基本ウエストが絞られてない”ボックスシルエット”が主流でしたが、最近のポロコートは背ベルト部分で絞られてるので全体的にスタイリッシュな印象にまとまります。

ポロコート

冬用のコートのため、カシミヤやウールといった厚手の生地で作られたのが多く重量感もあります。

それもまた40代メンズの雰囲気を醸し出す良いアクセントになってるのかもしれません。

ポロコート

大きなラペルのポロコートは安定感や堂々とした雰囲気、余裕が感じられるため、大人メンズに適したデザイン。

それもまたポロコートの魅力です。

ポロコート

襟とラペル部分を立たせて、首元をあえて隠す着こなしもまたお洒落。

ポロコート

Vゾーンにワンポイントのアクセント付けるなら御方のように華やかなスカーフをインするのもアリ。

7d843c33dccf82a3238b4a24d67a58a2

ポロコートコーデで注意しなければならないのは、いくらフォーマルなコートがカジュアル化してきてるといっても崩しすぎるともはやポロコートの意味を成してない場合もあります。

上記の画像のように重量感があるポロコートの上に更に重量感を足したマフラーを巻くと、どこか野暮ったくなってしまいます。

襟元が特徴的なポロコートの襟元が隠れてしまい、綺麗なシルエットも型崩れしてるのでこの場合はポロコートじゃなくてもいいんじゃないでしょうか?

胸元のハンカチーフ代わりにレザーグローブを挿す小技はポロコートでも活用できそうだ。

『【冬アウター】ポロコートが40代メンズの色気を醸し出す!』・まとめ

今回は大人の冬アウターポロコートについてまとめてみました。

存在感抜群で、大人の魅力を引き出してくれるポロコートは40代メンズにおすすめの冬アウターです。

今冬は是非ポロコートのコーデに挑戦してみてはいかがでしょうか?

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

秋・冬に向けてのコーデ

チェスターコート今年はどう着る? 近年は定番化してきたアウターのひとつ、チェスターコート。 もともとはフォーマルなコー...
メンズコーデで秋にオススメなカラーは? 真夏の暑さも少し和らいできた8月後半、秋に向けファッションも移り変わろうとしてます。...