コーデュロイパンツキャメルカラーベルテッドコートイタリアセレクトショップ

ローゲージやケーブル編み、冬に活躍するニットで大人コーデに!

冬に活躍する大人なニットコーデ!

寒い冬はアウターだけじゃなくインナーも暖かくしたい。

ニットは保温性に優れている素材で、寒い冬を乗り切るのには欠かせないインナーとして重宝します。

そんなニットにも様々な種類がありますが、最近ではローゲージやケーブル編みのニットがオススメです。

今回はそんなローゲージ、ケーブル編みのニットを使った大人コーデを紹介します。

そもそもローゲージってどんなニット?

「ハイゲージ」と「ローゲージ」

ニットは編み方を大きく分けて上記の2種類があります。

ハイゲージとはゲージ(一定寸法中の編み目の数)が細かい事を指して、ローゲージは逆に編み目が粗い事を指します。

【ハイゲージ】

ハイゲージの特徴は編み目が目立たず、どちらかというと”薄手のニット”という印象を与えます。

コーデに用いれやすいことから、夏以外の季節に取り入れる事が多い様です。

【ローゲージ】

次にローゲージの特徴は、編み目が粗く凹凸がはっきりしてるニットです。

“ざっくりしたニット”との表現でよく使われます。

暖かさを感じさせてくれるローゲージニットは、どこか柔らかさも与えてくれます。

ではケーブル編みのニットとは?

ケーブル編みのニットも大きく分けるとローゲージニットと同じ種類に入ります。

ただ、粗い編み方は同じなのですが、”縄の様に編むニットの編み方、もしくはケーブル網みを施したニット上の模様”の事をケーブル編みと表現されます。

ベルルッティのニュースレターではケーブルの由来についての記事がありました。

船乗りに由来する場合が多いので、その方面に情報を探すべきでしょう。

言い伝えによると、今から1世紀以上前にツイストモチーフのセーターを初めて編んだのは、アイルランドのアラン島の漁師の妻たちだったとされています。

このモチーフは、船のロープをイメージしたものでした。

また一時期、別の説では、セーターで溺死者を容易に識別できるように、家ごとに独自のケーブルモチーフがあると言われていました。

その後この説は否定されましたが、ケーブルセーターの着心地の良さや謎めいたエレガンスは、ほんの少しも失われていません。

Berluti:ケーブルセーターの由来は?

ローゲージ、ケーブル編みニットのオススメコーデは?

一枚でも良いのですが、ジャケットのインナーにケーブル編みのタートルネックは相性のいいコーデです。

インナーとして活用する場合、厚手のニットになりますので、タイトなジャケットやアウターだと多少窮屈感を感じてしまいます。

なのでインナーで活用する場合は少し余裕のあるアウターがオススメです。

ローゲージやケーブル編みのニットは一枚でも存在感があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クルチアーニ Cruciani / 【国内正規品】 16-17AW!アルパカ混ケーブル編みローゲージタートルネックニット『CU18.051』(グレー)クルチアーニ ニット セーター 秋冬【送料無料】あす楽対応_
価格:68904円(税込、送料無料)

『ローゲージやケーブル編み、冬に活躍するニットで大人コーデに!』・まとめ

お気に入りのコーデはありましたか?

ローゲージやケーブル編みニットは、それだけで季節感を感じさせてくれますので、のコーデには最適です。

寒さ対策だけじゃなく、冬は冬のオシャレを楽しんじゃいましょう♪

今回も最後までご覧頂き有難うございました。

冬ならこちらのコーデもおすすめです。

⇒ 防寒対策だけじゃない!グローブ(手袋)を取り入れたコーデ

⇒ エフログがお届けする「冬のNGコーデ」5選