コーデュロイパンツキャメルカラーベルテッドコートイタリアセレクトショップ

【2017】夏は開襟シャツが今年っぽい!

2017・夏の開襟シャツ

夏の暑い日にはTシャツやポロシャツを一枚でサラッと着こなしたコーデが多いですよね。

そんな一枚でコーデを完成させるのに今年は開襟シャツを選んでみるのはどうでしょうか?

夏の開襟シャツは涼しい素材で作られてる物が多く、暑い夏の日のコーデには最適です。

今回はそんな開襟シャツまとめてみました。

襟で見極める?開襟シャツとは・・・

開襟シャツとはその名の通り襟が開いてるタイプのシャツの事です。

シャツといえば襟の形やデザインによって種類分けされます。

ごく一般的なのがスタンダードやレギュラーカラーと呼ばれる物で、襟の先をボタンで留める物をボタンダウンカラー、またスタイリッシュな開きが広い襟をホリゾンタルカラーといいます。

また、去年あたりから流行りの傾向があるバンドカラーやノーカラーは襟がないタイプのシャツを指します。

数年前に流行ったドゥエボットーニやトレボットー二、スタンドカラーはもはや化石化したのか最近では見かける事もなくなってきました。

そんな数々の種類の中で開襟シャツとはオープンカラーとも呼ばれていて胸元が開いた襟のシャツです。

特に夏用が多く、今年は多くのブランドが発表していて流行りの傾向にあります。

今年の開襟シャツはレトロ調がおすすめです!

開襟シャツと言えば、柄の入ったアロハシャツや刺繍の施されたボーリングシャツといった数年前に流行ったシャツのイメージがありますが、今年はちょいレトロ調な開襟シャツがオススメです。

アロハのようにリゾート感を強調した訳でもないので、タウンユースとして着れるのも今年っぽい。

ブリティッシュなストライプは70年代のヨーロッパを彷彿させるかのような雰囲気。

黒スラックスでモードっぽくにもなりますし、ハーフパンツならより夏っぽいコーデにもなります。

上質なレトロなら今年はフェンディの開襟シャツがおすすめ。

どこかヴィンテージな気分が漂うような色合いにレトロ調な柄使い。

大人の開襟シャツとして活用できます。

開襟シャツの襟をジャケットから出すのも今年風。

クラシカル回帰の影響で、よりレトロっぽい開襟シャツを取り入れてる傾向にも見える。

キューバシャツも開襟シャツ?

キューバシャツも開襟シャツの一種で今期注目アイテムの一つです。

キューバシャツとは・・・

キューバシャツはもともとは気温や湿度の高いキューバで、夏場に快適に過ごすことの出来るように作られたシャツのことです。

キューバシャツの特徴は風通しのよい素材で夏用に作られていて、両肩から裾に向けての独特の模様がプリントされたり刺繍で施されてるとこ。

ただ、”無地のキューバシャツ”と表現するシャツもありますので、普通の開襟シャツとの違いの線引きが曖昧なところもあります。

王道の白を今年っぽく着るには?

白無地の開襟シャツならコーデの幅も広がりますが、逆に幅が広い分どうすれば今年っぽく見えるのでしょうか?

今年っぽく着こなすには、

開襟シャツをインしたコーデがおすすめです。

前途でも話したようにクラシカル回帰は夏でも影響しる感じです。

そのため、よりクラシックに見えるようにシャツをインしたベルトレスが白開襟シャツの今年っぽい着こなし方です。

タウンユースで都会的な着るには?

シックな色合いの開襟シャツなら、タウンユースで都会的。

同じ開襟シャツでも無地でシックならリゾート感がないのでビジネススタイルとしても応用可◎

少し遊びを取り入れたいのなら御方のような着こなしもカッコイイ。

トップスは遊んでいても足元がレザーシューズなので都会的にも見えます。

開襟シャツの不良(ワル)っぽいコーデならジローラモを参考に!

リラックス感が出た素材でクラシカルなデザインの開襟シャツ、さらに都会的な着こなしで艶めかせてくれます。

夏っぽく柄の開襟シャツなら

でもやっぱり開襟シャツを夏っぽく着るなら、おもいっきり柄が入ったのがおすすめです。

合わせるパンツによってコーデの幅も広がります。

御方のようなグレスラなら、夏のタウンユースで活用できますし、デニムやハーフパンツを合わせればリゾート感を演出できます。

柄の開襟シャツをスーツのインナーに取り入れた斬新な組み合わせは、色合いやサイズ感、小物使いで随所まで手を抜かない上級者コーデですね。

『開襟シャツコーデ』・まとめ

の暑い日は一枚でコーデを完成させたい!

そんな時に活躍するのが今回紹介した開襟シャツです。

開襟シャツと一言でいっても、レトロ調やキューバシャツ、王道の白やアロハっぽい柄シャツなど様々です。

お気に入りのコーデはございましたか?

そろそろ夏本番に入ります。

暑いからといってもお洒落に手抜きをせず、夏のコーデを楽しみましょう。

今回も最後までご覧頂き有難うございました。

今年の夏コーデおすすめは?

参考:ビジネスでもカジュアルでも活躍する夏の大人ポロシャツコーデ

参考:【メンズ】夏のシンプルコーデを格上げしてくれる小物5選