コーデュロイパンツキャメルカラーベルテッドコートイタリアセレクトショップ

【メンズ】シンプルだが気を抜きすぎない海コーデ

2017・夏の海コーデ

夏なら海に行く機会もあると思いますが、もうコーデはお決まりですか?

Tシャツにビーチサンダル…

でも悪くはないのですが、どうせなら少しアレンジを加えてお洒落なビーチファッションで夏を楽しみましょう♪

今回はシンプルだが気を抜きすぎない海のメンズコーデをまとめてみました。


スポンサードリンク

海ファッションのイメージは?

夏の行楽地といえば海を連想される方も多いとおもいますが、ではファッションはどうでしょうか?

開放感たっぷりなリゾート地であれば、薄手の麻シャツにハーフパンツ、エスパドリーユといったところでしょうか。

またボーダーのTシャツに白パンを合わせたマリンスタイルも人気ですね。

基本は季節感を忘れないようにしたいです。

海に行くのにBIZスタイルや暑苦しいコーデだとちょっと場違いな感じがします。

だが暑いからといって、無難なTシャツにビーチサンダルだと気を抜きすぎたコーデとなってしまいます。

では、どんなメンズコーデが最適なんでしょうか?

今年っぽく行くなら

今年はキューバシャツが人気です。

海というよりタウンユースで着てる方も多く見られるのですが、もちろん海コーデにも最適です。

麻素材でできてるものが多く、涼しげで夏っぽいデザインがいいですよね。

白ならなお涼しさを感じます。

柄がプリントされたタイプもありますが、画像のような刺繍を施したタイプもあります。

イタリアの人気ファッションブランド『1PIU1UGUALE3(ウノピゥウノウグァーレトレ)』からもキューバシャツが発売。

【ブロードストレッチ素材のキューバシャツ】

キューバの伝統服として生まれたキューバシャツ。

スペイン語でGUAYABERA(クアジャベーラ)と呼ばれるこのシャツは結婚式などの伝統行事でも着用される文化色が強い一着。

キューバシャツと聞くと派手な色使いや刺繍が入ったデザインをイメージされがちですが、これは隣国のメキシコで多く見られるものです。

キューバでは装飾の無いシンプルな物がスタンダードで、今回のコレクションではこちらのデザインを採用しています。

キューバシャツは、キューバの暑い環境でも着れるシャツとして作られてるので素材が涼しい分、暑い夏にはルーティーン的に着ても大丈夫。

もちろん海に行く時にも最適です。

そして今年っぽい夏パンツといえばグルカショーツ(パンツ)

グルカパンツとは?

幅広のウエストバンドを付けているのが特徴。

通常のパンツとは違いウエスト部分につけられたアジャスターでウエストを調節する仕様となっており、またフロント左右に二本ずつタックが入っており、これらにより見た目のインパクトがある。

クラシカル回帰の影響でベルトレスなグルカパンツが再熱してる様子。

タックが入ったグルカパンツにトップスのシャツやTシャツをインしたコーデは夏も引き続きトレンドなコーデになりそうです。

涼しげな色合いでサンダルを合わせれば、今年っぽいコーデにもなります。

大人リゾートスタイルなら

カプリシャツがおすすめです。

カプリシャツとは?

アウグストゥスを始めローマの様々な歴史人物たちが別荘を持ったイタリア南部のカプリ島から名前を取った、お洒落なプルオーバーシャツです。

2つボタンのラフなシルエットと、麻や綿などの生地感がリゾートっぽさのある雰囲気で、夏のファッションで大活躍のアイテム。ポロシャツはちょっと……と思っているあなたには是非挑戦していただきたいアイテムです!

リゾート感が濃いカプリシャツは、大人の海コーデにはぴったり!

こちらも麻などの夏素材で作られてる物が多く、軽くて涼しい。

一枚で着てもいいし、御方のようなニットを腰巻してもかっこいい。

少し天気が悪くなってきた場合は、寒さしのぎのリゾート風カーディガンを羽織るのもアリ◎

海コーデのみじゃなく、取り入れ方によっては夏のBIZスタイルにも応用可能。

一枚持ってても損はしないはず。

参考:カプリシャツで魅せる夏の大人リゾートファッション

定番の夏っぽい柄なら

アロハシャツやボタニカル柄も海っぽいコーデに取り入れやすいですね。

柄なのでコーデが煩くならないように気を付けたい。

シャツが柄ならパンツは無地でシンプルにまとめ、

逆にパンツが柄ならトップスを無地にする事で煩わしくならない。

柄シャツ+ハット+サングラスなら王道の海スタイル。

ただ、定番すぎてカブる可能性は非常に高い。

涼しげで上品なら

オールホワイトコーデもまた夏っぽくて海コーデにおすすめです。

大人の海コーデとしてオールホワイトコーデは品格があり上品です。

全身白でも靴やバッグを違う色にしたり、小物を際立たせたりとコーデにメリハリをつけるのがポイント。

ただ、あざとくならないように気を付けたい。

素材やサイズ感で調整し、うまく白を取り入れれば大人海コーデが仕上がります。

『海コーデ』・まとめ

今回の記事をまとめると、

・キューバシャツで今年っぽく

・グルカショーツで今年っぽく

・カプリシャツで大人リゾート

・王道ならアロハやボタニカル柄

・上品なオールホワイト

上記が今年の海におすすめなコーデになります。

お気に入りのコーデはございましたか?

夏のコーデはシンプルですが、気を抜きすぎないようにするのがポイントです。

色々アレンジを加えて海コーデを楽しんじゃいましょう♪

今回も最後までお読みになり有難うございました。

一緒に読みたい夏コーデの記事

参考:今夜はどこ行く?夏の夜遊びメンズファッションコーデ

参考:夏ならやっぱり青系(ブルー)で!40代メンズの厳選21コーデ


スポンサードリンク