40代デート女子ウケ非モテ脱出ファッションマネキン買いチェスターコートビッグシルエット・アウター

『男の美容』に関する意識はなぜ変化したのか?

男性が美容に意識を向けるのはもはや常識

ひと昔前までは”男性の美容”という言葉すら聞かなかったのですが、近年では男性用のスキンケアがあったりなど、もはや男性の美容も一般的になってきました。

また男性でも化粧をしたり、脱毛サロンに通ったりと近年は男性の美容に関する意識が変化しつつあります。

そんな男性の美容に関する意識はなぜ変化してきたのでしょうか?

今回は男の美容についてまとめてみました。

男性が美容を意識しはじめた理由

男クサさより爽やかで清潔感

数年前までは肌を気にしてスキンケアにお金をかける男性を女々しく感じ、受け入れられない風潮はありました。

夏の外出時にも日焼け止めなどは一切せずに、こんがりと日焼けをしているのが男らしさの象徴でもあり、そんな男性の方が”モテる”という雰囲気がありました。

ですが、近年もてはやされているのは”爽やかさや清潔さ”を前面に出すことです。

もし日焼けをすれば、いずれはシミやそばかすができる可能性は高くなり、爽やかさや清潔感を演出できなくなります。

そんな心配する男性が増え、必ず外出前には日焼け止めを塗り、肌を白く保つ努力を欠かせません。

美を追い求めるのは、もはや女性だけのことではなく、現代では男性も当たり前のようにやっているようです。

芸能人の影響

そのように男の美容に関する意識が変化していったのは、ひとつに芸能人の影響があります。

スポーツ万能でエネルギッシュな男性芸能人よりも、肌が美しいアイドルが理想の男性像になったことで男の美容を意識する人が増えてきました。

テレビやネットメディアでアイドルが使っていたという商品があれば、それを自分も試したいと購入することも珍しくありません。それがブームになれば、ますます男の美容は意識されます。

ジェンダーレスの流行り

さらに男性と女性の間にあった境界や壁のようなものが、近年ではジェンダーレスという言葉があるように薄れていることも影響しています。

ジェンダーレス

昔であれば、男性らしさと女性らしさというのははっきりと区別されていました。しかし、男女平等が浸透しつつある世の中では、そういった「らしさ」というのは古い観念として扱われるようになっています。

男性がシミやシワのことを気にして肌のケアをするのも、昔であれば眉をひそめるようなことでした。でも、今は美容を気にしていると公言しても、誰も気にすることはありません。そういう変化によって、美容化粧品を使ったりエステにいくことは、何も問題がなくなりました。

スマホやSNSの普及

時代の変化ということではネットが普及したことも大きな理由に挙げられます。

パソコンや携帯デバイスを誰もが持つ時代になり、消費者はただメディアから発信される情報を受け取るだけの存在ではなくなりました。SNSや動画配信サービスなどを使い、自分という存在を世界に発信できるようになったからです。

スマホ普及

そうなると、男性も多くの人に見られることを意識するようになります。

結果として、SNSや動画配信サービスに投稿した写真や動画に興味を持ってもらいたい、ファンになって欲しいという承認欲求も大きくなり男の美容を追求するようになります。

時代の変化

こういった変化は、バブル崩壊から少しずつ起きていました。

それまでは男性は会社に行って仕事をひたすら頑張ればいいという時代でしたが、バブル崩壊以降は女性も一緒に家庭を支える時代になってきました。

女性の社会進出が進み、前述の男女平等が進められていく中で大黒柱は男性だけの役割ではなくなり、男らしさも変化せずにはいられませんでした。

市場も変化

そういった流れを受けて、各化粧品メーカーも男性向けの商品を続々と開発しています。数えるほどしかなかった男性向けの化粧品が、今では大量に販売されています。

女性向けの商品と同様にナノ技術や肌に良い独自成分などがふんだんに使われており、機能的にも優れた商品も多いようです。

そういう化粧品メーカーの努力もあって、市場の規模は拡大し続けています。

女性向けの化粧品は市場が飽和状態にありますが、男性特有の悩みを解決する商品はまだまだ開発する余地があり、化粧品メーカーとしてもここで実績を残せるかがこれからの成長を左右するはずです。

このように様々な環境が時代の変化とともに訪れた事で、男性も美容に関しての意識が変化していったのでしょう。

男性の美容、主に何をしてる?

では、具体的に男の美容というのはどのようなケアをするのかというと、その多くはスキンケア化粧品を使うだけです。

顔の汚れを落とす洗顔料を使い、乳液や美容液で肌の潤いやハリを作り出そうとしています。

男性のスキンケア

それから、髪の毛を気にする人も増えてきています。

男性の場合には、AGA(男性型脱毛症)で髪の毛が薄くなる可能性がでてきますが、最近では治療をすることで進行を遅らせることはできるようになりました。

美しさを求めるときにやはり髪の毛がないことが恥ずかしいと感じる人は多く、AGA治療薬や育毛剤で対策をする人はかなりいます。

育毛剤対策

逆に脇毛やすね毛、ヒゲなどを脱毛するためにエステサロンに通うこともあります。

そういった毛は、女性であればムダ毛として扱われていましたが、男性の場合にはむしろ男らしさの象徴でした。でも、今はすね毛やヒゲがないことがオシャレな男性として扱われるようになったので、定期的に脱毛をするためエステサロンで施術してもらう人が増加しています。

男の脱毛

男性用の化粧品などで対策できない部分は、美容整形を行うこともあります。

美容整形に対しては男性も女性も否定的なイメージが強くありました。今でも完全にそのイメージがなくなったわけではありませんが、簡単な手術であれば許容しやすくなっています。

美容整形では、まぶたを一重から二重にしたり、肌のシミ取り、脂肪吸引などいろいろな施術があります。もちろん、病気の治療ではありませんから、美容整形をする費用はすべて自己負担ですが、それでも構わないという人は多いようです。

これからはアンチエイジングができる再生医療も実用化が期待されており、ますます男の美容は活発になるでしょう。

今からでも初めてみませんか?

今回も最後までご覧いただき有難うございました。