40代デート女子ウケ非モテ脱出ファッションマネキン買いチェスターコートビッグシルエット・アウター

40代がデートで好印象を与えるメンズファッションとは?

40代デート

大人デートに最適なメンズファッション

40代というと、大人の男性であり、社会的な地位を確立している人も多いのではないでしょうか?

さまざまな経験を経ていても、やはりデートでのファッションに関しては悩む人も少なくはありません。

年下の女性とデートをするからといって、若作りをしたようなファッションをしていませんか?実はそれは好印象どころか逆効果となっている可能性が高いです。

またファッションに無頓着だからといって、適当な服装でデートに行ってませんか?それもまた女性に好印象を与える事はできません。

ではどのようなファッションが正解なのでしょうか?

今回はそんな40代メンズがデートの時に好印象を与えるファッションをまとめてみました。

近年のメンズパンツ丈

20代の男にはまだまだ負けないぞと、ジーンズにシャツというラフな格好もいいかもしれませんが、そこは落ち着いた大人の男を見せつけるメンズファッションを選択することで、よりデート相手に好印象を与えることができます。

ジーンズは場合によっては若くてカジュアルに感じてしまう女性も多いので、40代ならパンツスタイルがおすすめです。

パンツスタイルは真面目で落ち着いたイメージを与えてくれますので、デートの定番メンズファッションとも言えるでしょう。

ノークッション

近年のパンツはノークッションが主流となっており、くるぶしが見える丈の方がスッキリとまとまったパンツスタイルを作り上げる事ができます。

だが、画像のような素足にシューズを履いてるように見える場合は注意が必要。清潔感を重視する女性は男性の素足にシューズに拒絶反応を示す方が多いです。

デートで靴を脱ぐ場面に遭遇した場合、本当に素足だったらマイナスイメージを与えてしまいます。

そうならないためには、しっかりとベリーショート(くるぶしまで行かない短い)の靴下を履いた方が最適でしょう。

40代のインナーTシャツ

インナーにTシャツを取り入れる場合は、イラストや文字または柄が入ったものではなく、無地の落ち着いたカラーのものを選択し、ジャケットなどを合わせると好印象です。

ジャケット

またサイズにも注意が必要です。

小さ過ぎると体のラインが強調してみっともなく見えてしまい、大き過ぎるとダラシなく見えてしまいます。

40代がTシャツを選ぶ時にはシンプルでジャストサイズが最適でしょう。

全身ハイブランドはNG

また、40代というとお金に余裕がある人が多いため、全身ブランドもので揃えてしまう人も多いかもしれませんが、実はブランドだらけというのは女性からは不評です。

全身ブランドコーデ

ブランドで揃えないとコーディネート出来ないような人というような印象を与えてしまい、更にブランドものだらけだと嫌みにも見えてしまったり、親しみやすさも半減してとにかく”ダサい”です。

だが、かと言って全身ノーブランドのものだけでコーディネートをするべきなのかというと、こちらも違います。

靴やバッグなどの小物はお気に入りのブランドのもので、パンツなどは量販店でというようなバランスを大切にしましょう。有名な量販店のもので親しみやすさを与えて、ブランドのものをしっかりと取り入れるというのが大事です。

ファッションセンスが良いと言われてる芸能人やモデルの方々、実は小物をハイブランドにしてパンツやインナーのTシャツなどをユニクロなどのファストファッションでまとめてる方が多いんですよ。

ぜひ参考にしてみて下さい。

デートで失敗しないバッグ

メンズファッションの選択で多くの男性が悩まれるのがバッグではないでしょうか?

男の人というのは手ぶらというような方もいますので、なかなかどのようなバッグを選択するべきなのか難しいところですが、デートに手ぶらでポケットに財布や携帯電話などを詰め込むのはスマートとは言えません。

かと言ってショルダーバッグやバックパック(リュックサック)、ボディバッグなどはカジュアル過ぎ。行き先がカジュアルな場所ならいいかもしれませんが、雰囲気のあるお店に行く場合は不向きです。

クラッチバッグは良いのですが、仕事用だと楽しいデートが堅苦しくなってしまう。

では、デートではどのようなバッグが最適なのでしょうか?

仕事後のデートならカジュアルなブリーフケース系。仕事としても使えるようなものを。

ポスティーナ

参考:ザネラート ポスティーナ

休日デートならトートバッグ。堅苦しくなくカジュアルなファッションにも合わせられるバッグがオススメです。

トートバッグ

参考:ゴヤール アルトワ

のようなバッグならシンプルで洗礼されたスタイルのジャケットとパンツスタイルにもコーディネートしやすいので、さりげないおしゃれを作ることができます。

そんなバッグ選びで注意しなくてはならない事は”大きさ”と”素材”です。

あまりに大きいと「何を入れているのだろう?」と不思議がられるし、小さ過ぎると収納に困ります。

また、素材にもこだわる必要があります。

トートバッグは可愛らしく見える側面がありますので一歩間違えると女性的な印象を与えてしまいます。

特に布製のものはチープさが目立ってしまうため、例えブランドのものであったとしても、男性が持つとフェミニンな印象与えてしまう恐れがあります。

そうならないためにはレザー素材がベスト。武骨なイメージがあるレザーなら大人な男性の印象を与える事ができます。

バッグや時計や靴などのファッションにおける小物は、高品質のブランドのものを選ぶことで女性に好印象を与えることが出来ます。

ですが、いかにもブランド色の強いものは逆効果。さりげないブランドを選択するということが非常に大事です。

時計の意味合いは?

若い時はお洒落の象徴とも言えたアクセサリー。だが40代男性にはあまりオススメできません。

男性のアクセサリーに関しては好意的に思わない女性は多く、アクセサリーをつけることによって若作りをしているような印象を与えてしまうようです。

ちょい悪オヤジなどというような言葉も流行りましたが、40代には落ち着きを求める女性が多いので、ピアスやネックレスなどは出来るだけ避けるようにした方が無難です。

だが、時計は別のようです。

男性のステータス的なイメージがある時計。初デートの際に「どんな時計を付けてるのだろう?」と気にする女性は意外と多いようですよ。

時計

その男性の経済力を判断する材料のひとつにしているのでしょう。

最近では時計をしないという人も増えてきましたが、ビジネスマンなどには時計は必需品です。時計をつけていないと、それだけでイメージダウンになる可能性もあります。

40代の好意的に見せるファッションには、かっこよく見せるという以上に、私生活がどれ程しっかりとしているかということを見せつけるためのコーディネートも必要となってきます。

時計はその人の経済力を映し出すとも言われていますので、安物はご法度。そのため時計だけは無理してでも高級な物を付ける事をオススメします。

ブレゲ

参考:ブレゲ トラディション

TPOは非常に大事です!

また、行き先に合わせたメンズファッションの選択というのも求められます。

ショッピングや軽めの食事などであれば、ラフなパンツスタイルに靴はスニーカーなどが良いのですが、パーティーや高級レストランに行く際にはジャケット着用で綺麗な革靴をチョイスするべきです。

夜遊びファッション

逆にカジュアルなカフェにランチで行く昼デートなのに夜遊び風のドレスジャケットを着てきたり、有名ホテルのレストランに行くのにデニムにスニーカーをチョイスしてしまったらそれだけでも幻滅してしまう女性もいるでしょう。

それほど”いつ誰とどこへ何をしに行くのか?”というTPOは大事です。

デートファッションは決まりましたか?

今回は40代男性がデートで好印象を与えるファッションについてまとめてみました。

もう子供ではない40代。

それなりの経験と知識常識、経済力を兼ね備えた大人であれば、最低限のファッションルールは持っていないといけないはず。

急にデートの誘いがあった時にも、動揺しないで上記の事は軽くこなせる余裕は必要ですね。

それが40代メンズの魅力でもあるのではないでしょうか?

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

40代が絶対やってはいけないメンズファッション

40代男性が絶対やってはいけないNGファッション ファッションの定義は難しく、その時のトレンドや季節、また自分の体型や年齢、またT...